民間療法ってなに?

治療は医師から受けるものというイメージが強いですよね。
しかし民間療法という選択肢もあります。

この民間療法は古くから民間の間で伝わってきたものを伝承、または改良を行ったものです。
昔は現代ほど交通が発展しておらず、医師に診て貰うのが大変な時代でした。
そこで入手しやすい民間薬を用いて治すということが多かったのです。

民間療法には物理的療法、薬物的療法などいろいろな種類があります。
効き目が期待できるもの、あまり期待できないものがあるため、しっかり見極めることが重要です。

首イボに効き目が期待できる民間療法は?

民間療法の種類のうち、首イボに効き目が期待できるのが薬物的療法です。
薬物的療法では文字通り、民間薬という薬を使用して治していく特徴があります。

民間薬の一つにはセンブリを煎じたものがあります。
センブリはリンドウ科センブリ属の植物です。
この民間薬は胃痛の改善に良いと言われています。
このように民間薬には植物由来の成分を用いる生薬が多くなっています。

生薬は漢方薬にも用いられていますが、民間薬とは少し違います。
民間薬では一つの成分を一つの症状に用いることが多くなっています。
それに対し、漢方薬では複数の成分を組み合わせており、複数の症状に効き目が期待できるものが多いです。
漢方薬では植物由来の他、動物由来や鉱物由来などいろいろな生薬を用いています。

スポンサーリンク

いろいろな生薬のうち、イボの改善に良いのがヨクイニンです。
ヨクイニンはイネ科ジュズダマ属のハトムギ由来の生薬です。
皮を剥いた種子がヨクイニンとなります。

このヨクイニンには新陳代謝を活発する働きがあると言われています。
古い角質がもとになる首イボを新陳代謝を活発にして取っていきます。

民間薬は医師に診て貰うほどではない症状に用いられる

医師に診て貰うほどではない症状に用いられるのが民間薬です。
そのため医師に診て貰うことが必要な重大な症状には適さないことがありました。

首イボは悪性腫瘍では無く、良性腫瘍です。
そのため医師から治療を受けなくても、皮膚がんに進行する心配はありません。

しかし首イボは大きくなったり、垂れ下がってきたり、数が増えたり、症状が進行することがあります。
良性腫瘍でも症状が進行すると不安になりますよね。

民間薬で首イボが治らない時は症状が進行しないうちに医師に診て貰った方が良いでしょう。
昔と違い、現代では交通が発展しており、医師に診て貰いやすい時代です。
流通も発展しているため、薬の入手も行いやすいです。

スポンサーリンク