いろいろなラインナップがあるイソジン

イソジンというとうがい薬や傷薬を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
うがい薬なら口に含ませて、うがいするだけで細菌対策が行えます。
傷薬ならきり傷、さし傷、すりむき傷、火傷など患部に塗るだけで殺菌消毒が行えます。

その他にものどフレッシュ、ハンドウォッシュ、軟膏などいろいろなラインナップがあります。
目的に合ったものを選べるのがイソジンです。

首イボに良いイソジンは?

ラインナップの中でイボに良いのが軟膏です。
このイソジン軟膏ではポビドンヨードという成分を配合しています。

ポビドンヨードは優れた殺菌作用を持つ成分です。
さらに毒性が低いという特徴があり、人に使用しても安全安心というメリットがあります。

イソジン軟膏はどんなイボにも効くの?

なぜ殺菌作用のあるイソジンがイボに良いのか疑問に感じるという方は多いと思います。
老人性首イボは老化現象、乾燥、刺激などが原因と言われています。
そのため老人性首イボにイソジン軟膏を使用しても期待はできません。

しかしウイルス性イボなら優れた殺菌作用により、改善が期待できるのです。
原因となるヒトパピローマウイルスは数年以内に消えていきます。
そのため自然に治ることがありますが大きくなったり、数が増えたり、症状が悪化している時は注意が必要です。

治る前にウイルス性イボを他人にうつしてしまうことがあるのです。
迷惑をかける前に治したいところです。

イソジン軟膏の使用方法は?

無色透明の液体だとどこに塗ったのか分からなくなることがありました。
しかしイソジン軟膏には色が付いているために分かりやすいです。

使用方法は患部に1日数回塗るだけと簡単です。
ヒトパピローマウイルスが他の場所に付着するとイボが増えることがあります。

そのため綿棒に軟膏を付けて患部に塗るのがおすすめです。
綿棒には手が汚れない上に清潔に塗れるというメリットがあります。

使用上の注意

イソジン軟膏には使用上の注意が記載されています。
使用する前に良く読んでおいて下さい。

過去に薬でアレルギーを起こしたことがある方は注意が必要です。
イソジン軟膏を使用した後、発疹や発赤、かゆみなどの症状が出た時はすぐに使用を中止して下さい。
粘膜の部分には刺激が強いために使用しないで下さい。

イソジン軟膏にはウイルス性イボに効果が出るという記載はありません。
必ず治るという保証はありませんので事前に把握しておいて下さい。

医薬品には使用期限があるのを知っていますか。
イソジン軟膏にもあるため、使用期限には注意が必要です。